形のかっこ良いオシャレな靴がいけないわけではありません。
TPOに合わせて短時間であれば、足に与える影響もそれほど問題ではないでしょう。
しかし、それは日常靴として履いたり・仕事で1日中履きつづけたり・旅行などで
長時間履きつづけ歩きつづける靴ではありません!

 

自分の足の事を知って、足が「気持ち良い!」と言ってくれる靴を履きましょう。
一般社団法人足と靴と健康協議会(FHA)

シューフィッターの育成・認定を行っています。
お近くのシューフィッターも検索できますので覗いてみて下さい。

 

 外反母趾用の靴ってあるの?・・・
外反母趾は靴などの外的要因による結果と言えます。
当然それだけではなく、筋力の低下があってそのうえで靴の不具合が外反母趾を招きます。            (すべてではありません)
靴による外的要因とは、足にフィットしない靴で長時間耐えて履きつづける事で起こってきます。
フィットしない靴とはヒールの高さに関係無くぺったんこの靴でも同じですし靴が小さいだけじゃなく大きくても外反母趾になる事があります。
では筋力の低下とは、、、運動不足なども当然ですが靴がフィットしていないと足底筋が上手く使えず衰えていくこともあります。
足にフィットしている靴がどれほど大切な物かご理解頂けると思います。
そこで外反母趾用の靴とはどんなものでしょう。
そんな靴は存在しないと思ってください。お客様の足にメーカーが「外反母趾用シューズ」と銘打った物が合う確率はほとんど無いでしょうし、ただ幅を広くしたり、材質をストレッチ素材など柔らかい物で製造されてる程度の靴が非情に多いです。それでは気休めどころか、さらに外反母趾を酷くしてしまう恐れもあります。
足を計測しピッタリ合った靴に中敷の調節をしましょう。
出来れば、脱ぎ履きを優先する結果スリッポンタイプにするのも辞めて頂き、紐・ストラップなどでしっかり甲を固定させた方がより快適だと思います。
あと、スポーツシューズ(ジョギング・ランニングなど)のように特殊な目的で作られた靴は健康な足を持った方には問題無く使用されていますが、外反母趾のように正常歩行すらままならない状態の方には、出来るだけしっかりと作られているウォーキングスニーカーをお薦めします。
健康な歩行が出来る人でも目的に合った靴を使用したほうが言い訳ですから外反母趾のように正常歩行が出来なくなってる人は、ピッタリ合った靴に痛みの無い正常歩行に近づけるように調節をした目的別の靴を使用することが大切だと思います。

代表的な足型の三種類
 足趾の長さのバランスで比較した場合、
大きく分けて図のように正方形型(スクエア型)・ギリシャ型・エジプト型の三種類に分かれます。
どの足型が良いとかではなく、

自分の足がどの足型に分類されるか
それにより、どういった爪先のデザインの靴を履いたほうがフィットするのか参考にしてみてください。